不動産投資は工夫一つで収入アップ~必見!投資サクセスのヒント~

マンション

新しい投資対象として注目

男女

成長率は日本の比でない

経済大国であるアメリカは、日本と異なり経済の成長率も右肩上がりで成長しています。それに加えて人口も増加しています。アメリカの経済の成長率は世界からうらやましがられる数字になっており、その大国に住みたいと移住する人も近隣の国以外からの移住者も増加しています。そして広大な土地が故の住宅の広さもアメリカの豊かさを象徴しています。日本では狭い土地に密集する形で住宅が建設されており、その価値は年々低下しています。東京オリンピックや単身者の大都市流入で多少の需要はありますが、長期的な目線で見れば、住宅の価値は下がる傾向にあります。そのため不動産投資を行っても最初は利益が出せても需要が減少するにつれて空室が増加してしまうのです。

将来性のある投資

日本の将来から鑑みてアメリカ不動産投資は将来性があります。米国の住宅価格は安定的にその価値が向上しています。人口増加と経済が背景にありますが、住宅は手入れして長く使うものという考え方も価値向上の要因となっています。この流れに乗るため国内外からのアメリカ不動産投資が人気になっています。西海岸や東海岸などの大都市を中心にアメリカ不動産投資は人気の傾向にあり、投資信託のリートをはじめとして個人でもアメリカ不動産投資を行う富裕層が増加傾向です。デメリットは為替です。ドルと円を比較した場合に利益が為替の影響で減少する可能性があるからです。また最近の異常気象なども予期せぬ被害をもたらすため懸念材料になっています。